世界初のオンラインカジノInterCasinoで本格プレイ!

2005年に制定された賭博法によって、賭博の場を運用あるいは施設のライセンスなしに提供することは、それが免除対象である場合を除き、犯罪とみなされるようになりました。また、ポーカーなどいくつかの賭博ゲームには、賭け金や賞金に厳密な制限が設けられました。しかし、許可証が与えられているクラブでは、賭け金や賞金に制限はありません。そのようなクラブやアルコールライセンス施設で提供されるゲームには、ほとんど規制が及んでおらず、プレイヤーやクラブオーナーは、このような設定によって守られています。そして、パブやクラブの従属物と考えられているゲームも同様に守られているわけです。パブとクラブには細かな規定の違いありますが、原則的には同じです。

パブや他のアルコールライセンス施設におけるゲーム機許可について

以下は、パブや他のアルコールライセンス施設に適用される「フルーツマシン(スロットマシンの1種)」に関する規定のカテゴリーCあるいはDについての情報です。

通常パブには、簡単な通知の提出によって、自動的に2台のゲーム機設置が認められます。ライセンス当局に通知を提出することができるのはライセンス保有者のみです。

パブが2台を超えるゲーム機を希望する場合は、ライセンス保有者がライセンス当局に、追加のゲーム機設置許可証を申請する必要があります。

通知によって得た許可および申請で与えられたゲーム機許可には、更新も有効期間もありません。いったんこれらの許可が付与されると、状況や制度に変更がない限り、保有者は再申請する必要はありません。

通知提出時に初期費用が発生します。通知の効力に期限はありませんが、通知を他者に譲渡することはできません。申請によって追加のゲーム機許可証を受けた者は、ライセンス当局に年会費を支払う必要があります。そのゲーム機許可証は他者に譲渡することができます。

賭博管理委員会のウェブサイトでは、アルコールライセンス施設におけるゲーム機運用規定を入手できます。通知者と許可証保有者はともに、この運用規約に同意する必要があります。施設ライセンス保有者が、通知とともに所定の料金を支払わない場合、通知は失効しますから、ライセンス保有者は、そのことに細心の注意を払う必要があります。ライセンス保有者の中には、許可証や通知なしでゲーム機を設置するものがいますが、それは違法行為です。

ライセンス施設でのゲーム機許可について


ゲーム機2台ごとに許可証が必要となります。許可証申請がライセンス保有者によって行われると、ライセンス当局は申請内容を検討します。ライセンス当局によって、追加のゲーム機の申請が許可されない場合でも、通知を出したライセンス保有者は自動的に2台のゲーム機提供の権利を得ます。

パブやクラブでのビンゴについて


ビンゴの賞金総額は2,000ユーロを超えてはなりません。この制限を超える場合は、関連する営業免許および個人免許を取得している必要があります。この免許を持っているパブやクラブにはビンゴの道具が用意されています。

パブやクラブでの賭けについて

パブやクラブでの賭け行為は禁止されています。パブやクラブが賭け行為のために施設を提供している場合、それは違法行為とみなされます。また、ライセンスを持つブックメーカーに代わって賭けを受け付ける場合や、電話のベットアカウントを使って賭けを斡旋する場合は、ベッティングの仲介者とみなされ、厳しく取り締まられることになります。ライセンスを持つブックメーカーが、故意にパブやクラブでの賭けを受け入れた場合、当局からライセンス違反を指摘される可能性があります。

Subscribe
Notify of
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments