パブとクラブにおける賭博について

2005年に制定された賭博法によって、賭博の場を運用あるいは施設のライセンスなしに提供することは、それが免除対象である場合を除き、犯罪とみなされるようになりました。また、ポーカーなどいくつかの賭博ゲームには、賭け金や賞金に厳密な制限が設けられました。しかし、許可証が与えられているクラブでは、賭け金や賞金に制限はありません。そのようなクラブやアルコールライセンス施設で提供されるゲームには、ほとんど規制が及んでおらず、プレイヤーやクラブオーナーは、このような設定によって守られています。そして、パブやクラブの従属物と考えられているゲームも同様に守られているわけです。パブとクラブには細かな規定の違いありますが、原則的には同じです。